ちいろば旅倶楽部ツアー 日常生活 聖地巡礼

宝永山日帰りツアーに行ってきました!


 

おはようございます!

 

今日から7月1日ですね~。

 

1年の半分が終わりました。

2019年も残り半分です。

 

今朝は、ちいろば旅倶楽部NLが配信されますので

(多分、書いている最中に配信されます)

よろしくお願い致します。

 

~宝永山日帰りツアー~

 

美女3人が参加してくださいました。一応、富士山に来ています。(笑)

 

当社のイトウが歩くルート説明をしています。

 

 

台風直後のツアーでした。

最初は雨も降らずに良かったのですが、

宝永火口付近から、雨が降ってきました。

 

写真は上記の2枚だけ。

そのあとは、もう写真なんて撮ってられる

状況にはありませんでした・・・。(T_T)

 

暴風雨

 

宝永火口には問題なく到着。

宝永火口から、宝永山に向かう間が

雨風が強くなってきました。

 

急な道を歩きつつ、

雨風が吹いてくる。

気がつくと、私のザックカバーがなくなっていた。(T_T)

 

上から降りてくる登山者の人たちから、

頂上は風がきつくていられないから

すぐに引き返しましたと、話かけられました。

 

そうなんだ・・・と思いつつ、

行けるところまで行こうと思いました。

 

しかし、雨風はどんどんきつくなり、

先に歩いていたイトウチームと

うしろの私のチームと分かれていました。

 

うしろの私のチームがこれ以上は無理と判断し、

イトウさんに電話をするのですが・・・。

 

イトウさんは電話を取らない。

恐らく、雨風が強くて全く聞こえないのだと思います。

 

1本の道ですので帰るのに難しくないため、

私とEさんは引き返しを始めました。

 

それからすぐにイトウさんチームも合流して、

「これ以上は無理だ」とイトウさんが言って、

みんなで下山をしました。

 

顔が痛い。

雹ではないかと思うぐらいに

雨が顔にバシバシ当たって痛い。

 

しかし、砂礫の坂道を降りるのは

雨が降ってくれたおかげで下りやすい。

下山が苦手な私には助かった。

 

皆さん無事に怪我もなく歩き終えて一安心。

まさかこんなに雨が降るとは思わなかった。

 

それでも土曜日だったので、遠足のような子どもの団体も

来ていたし、歩きに来ていた人たちは多かった。

私たちが下山中、これから1人で登る女性もいたので驚いた。

 

ものすごい禊でした。

ものすごく「クリーニング」された感じ。(^_^;)

 

私以外の皆さんはザックカバーはしていたけれど、

ザックの中は、ビショビショ。浸水状態・・・。

 

そのぐらいの大変な雨の中を、

よく皆さん歩きました!お疲れ様でした。

 

そのあとは、御胎内温泉へ。

ゆっくりあったまって、冷えた体をいやしました。

 

それにしても、自然の中の荒れた天候の中の人間の存在は、

本当に無力だなと思いました。(^_^;)

こういう体験も、決して無駄ではない。

 

頂上では、雷がなっていたと聞きました。

雷はちょっと怖いですね~。

 

参加された皆さんがとにかく無事であること。

下山する決断をしたことは

良かったと思っています。

 

温泉に入ったあとは、おいしいお蕎麦やさんへ。

お蕎麦が体に浸み渡りました。(^^♪

 

無事に帰ってこれたこと、本当に感謝です。

富士山の神さま、ありがとうございました!!

 

さて、次の登山ツアーは、いよいよ、三ツ峠です!

あ~、うれしいなあ~。また登れるとは!!(~_~;)

 

まだまだ参加可能ですよ~!出羽三山ツアーの皆さん、

そして出羽三山ツアーに参加しない方も参加されます。

 

ぜひぜひ、足を心を体を鍛える三ツ峠ツアーに

ご参加くださいませ!!(^^♪

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。

-ちいろば旅倶楽部ツアー, 日常生活, 聖地巡礼
-, , , ,

Copyright© ちいろば企画・榎本の「経験と感動」ブログ , 2022 All Rights Reserved.