宇佐神宮・八幡信仰と

古代仏教融合の旅2日間2015


 
〜御許山登拝と六郷満山文化、別府温泉〜
 
2015年10月16日(金)〜10月17日(土)

18日はオプションで別府温泉

旅倶楽部会員の方は会員サイトからログ・インしてください。このツアーはちいろば旅倶楽部会員のみ参加することができます。ツアーに興味のある方は、ちいろば旅倶楽部にご入会下さい。入会は無料です。会員の方のみ、質問にお答えしておりますのでご了承下さい。
ちいろば旅倶楽部入会ご希望の方はこちらからどうぞ    
 宇佐神宮  大許山にある奥宮
〜八幡信仰とは?〜
応神天皇のご聖徳を八幡神として称え奉るとともに、仏教文化と、我が国固有の神道を習合したものとも考えられています。その長い信仰の歴史は宇佐神宮の神事や祭会、うるわしい建造物、宝物などに今も見ることができます。 「宇佐神宮 ホームページより」
〜六郷満山(ろくごうまんざん)文化とは?〜
古代の宇佐で生れた八幡信仰は、やがて古代仏教と融合して「神仏習合」が生まれ、全国に広まっていった。国東半島にある六つの郷では、天台宗と結びつき、山間に多くの寺院を擁立して、国東の岩屋を中心にした自然を土台に、仏教美術、民俗芸能から修行・儀礼、寺院形態にまで包含していった。六郷満山の開祖は仁聞菩薩。八幡神の化身であるとも言われています。

こんにちは!ちいろば企画の榎本です。

今回、初の大分・宇佐神宮の八幡信仰と
国東半島にある古代仏教の「六郷満山」文化を学ぶ旅です。

宇佐神宮といえば、八幡さま。
伊勢神宮に次ぐ、第2の宗廟と言われています。

全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、
4万600社あまりのお社があります。

ツアー初日は、宇佐神宮についてじっくりと学ぶ1日。

宇佐神宮のご神域内では参拝の他に、
道鏡の神託事件で危機を救った、勅使・和気清麻呂について学ぶ
絵画館にも足を運びます。

バスの中では、宇佐神功のご祭神についてのお話をします。
その他、隼人族や奈良の大仏建立、宇佐神宮のご祭神であり、日本の皇族で初めてシャーマン的存在となった神功皇后についてのお話も致します。

そして2日目には、宇佐神宮の奥宮である大許神社参拝や、
奈良朝末期から平安時代、宇佐八幡と関係の深い僧侶の進出が山や里に続き、
仏教文化が開花した「六郷満山」文化について学びます。

六郷満山のすべての寺社に参拝することはできませんが、
宇佐神宮と関わりのある、代表的な寺社に参拝を行います。

今回の旅は、金・土の2日間。そして3日目は、オプションとして
別府温泉に訪れます。普段の疲れを癒すお時間としてどうぞ。

このツアーは、宇佐神宮や六郷満山の聖地に訪れるツアーです。
単なる観光のツアーやご利益を求めるものではありませんので、真摯な気持ちでご参加下さい。



まさに神仏習合の聖地!神と仏が融合された国東半島の聖地に参拝させていただきます。
足元が悪い場所もありますので、歩きやすい靴、服装でご参加下さい。


宇佐神宮・八幡信仰と古代仏教融合の旅2日間2015のポイント

宇佐神宮参拝。宇佐神宮ご神域内にあるお宮をひとつひとつゆっくり参拝
宇佐神宮の奥社がある素晴らしいご神氣の聖地・御許山(おもとさん)へ。大元神社参拝
道鏡の神託事件で日本の危機を救った和気清麻呂について学ぶ「絵画館」へ
大分県立歴史博物館で、宇佐神宮、六郷満山文化について学ぶ時間
六郷満山で有名な寺社(富貴寺、真木大堂、熊野磨崖仏)を参拝
宇佐神宮の荘園だった「田染荘(たしぶのしょう)」へ
昼食は、富貴寺すぐ近くにあるお店で、手打ち蕎麦を
宿泊はシングルのお部屋です。禁煙の部屋が11部屋(変更!)で、あとは喫煙の部屋となります。(申し込み順)
ツアー3日目はオプションで別府温泉!普段のお疲れを癒してください。
往復共に、大分空港発着で貸切バスをご用意(JRの駅にも立ち寄ります)


こんなあなたにおすすめします!

宇佐神宮に参拝したい方
八幡信仰に興味のある方、八幡大神について知りたい方
道鏡の神託事件で危機を救った和気清麻呂について知りたい方、感謝を伝えたい方
六郷満山文化について学びたい方、六郷満山の寺社参拝をしたい方
宇佐神宮の奥宮のある御許山(おもとやま)に参拝したい方
別府温泉で温泉も楽しみたい方



広い宇佐神宮をじっくり参拝

全国八幡様の総本宮の宇佐神宮。広い宇佐神宮を参拝するのに時間がかかります。そしてゆっくりじっくり参拝したいと思うお宮がほとんどです。宇佐神宮といえば、和気清麻呂がご祭神の神社や八幡大神が祀られた神社もありますので参拝しましょう。隼人征伐で殺生を悔いて霊を慰めるために始めた放生会や境内に弥勒寺を建立したことがそれを表しています。
 
ご祭神
○一之御殿 八幡大神【誉田別尊(応神天皇)】
○二之御殿 比売大神(ひめおおかみ)【多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命】
○三之御殿 神功皇后【息長帯姫命(おきながらたらしひめのみこと)】


ご祭神である八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地にご示顕になったといわれています。725年(神亀2)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。

比売大神様は、八幡さまが現れる以前の古い神で、地主神として祀られ、崇敬されてきました。神功皇后は応神天皇の御母です。母神として神人交歓、安産、教育等の守護をされています。

三殿一徳のご神威は奈良東大寺大仏の建立や、勅使・和気清麻呂公に国のあり方を正してゆく神教を賜ったことで有名です。皇室も伊勢の神宮に続く第二の宗廟としてご崇敬になり、勅祭社16社に列されています。

〜勅使・和気清麻呂について学ぶ時間も〜
ご存知の方も多いと思いますが、道鏡の神託事件。
その危機を救ったのが、勅使の和気清麻呂。

その和気清麻呂が祀られた神社や和気清麻呂が道鏡事件で神託を受けた時、八幡大神が鎮座していた神社にも参拝します。皆さんで感謝を伝えたいと思います。

道鏡の神託事件の和気清麻呂について紹介された絵画館にも足を運びます。(絵画館は各自皆様のお気持ちを納めていただきます)宇佐神宮の神様のお力を知る大切な出来事です。


〜宇佐神宮で参拝に行くところ〜(時間の関係で、すべて行けない場合もあります)
初沢池、呉橋、八坂神社、夫婦岩、宇佐鳥居、西大門、南中楼門、一之御殿、二之御殿、三之御殿、若宮神社、下宮、弥勒寺跡、頓宮、大元神社、護皇神社、大尾神社



宇佐神宮の奥宮がある「大元神社」の御許山(おもとさん)へ!

宇佐神宮の奥社がある御許山(おもとさん)。六郷満山の峰入りは、宇佐神宮奥社である御許山が行事としての始まりの地。なぜ御許山なのか。六郷満山の開祖、仁聞菩薩の巨岩を祀る神体山御許山が、修行の場であったとされるからです。ここは、宇佐神宮に訪れるならば、ぜひとも一緒に参拝したい素晴らしい聖地です。感謝の氣持ちを持って山に入りましょう。
   
久しぶりの「聖地」に来た!と実感した御許山。宇佐神宮の奥宮である大元神社はぜひとも足を運びたい聖地です。この写真の日は雨が少し降っていました。30分ほどで登れる山なので、登山用の装備は必要ありませんが、雨具、歩きやすい運動靴は忘れずに持ってきてください。


六郷満山文化の寺社へ

時間の関係上、すべて参拝することはできませんが、代表的なところをいくつか参拝に訪れます。神仏の融合の聖地を体感してください。
 ■富貴寺/三大阿弥陀如来の一つ、九州最古の木造建築物
平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた由緒ある寺院。中でも阿弥陀堂(富貴寺大堂)は、宇治の平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ三大阿弥陀如来のひとつに数えられ、現存する九州最古の木造建築物であり、国宝指定されている、まさに『仏の里くにさき』を代表する文化財。
 ■熊野磨崖仏/豊後磨崖仏の代表的なもの、日本最大級
 
 鬼が一夜で築いたという伝説のある自然石の乱積みの険しい石段を登ると、左方の巨岩壁には不動明王(8m.)と大日如来(6m.)が刻まれています。これらは平安時代末期の作といわれており、国の重要文化財に指定されています。豊後磨崖仏の代表的なもので、日本最大級のスケールを誇ります。10年に一度行われる六郷満山の伝統行事である峰入りの荒行は、この不動明王の間を出発点とし、護摩を焚いて行程150キロメートル、約10日間の行に入ります。
 ■真木大堂/幻の大寺とされた寺院の名残と伝えられる立派な仏像9体
 


真木大堂は六郷満山本山本寺(もとやまほんじ)、馬城山(まきさん)伝乗寺(でんじょうじ)の堂宇の一つとして建立されたと伝えられています。伝乗寺はかつて六郷満山の「本山八ヵ寺」中でも最大級の規模を誇り、満山の中心的寺院として隆盛を極めたといいます。しかし、その草創については確たる文献もなく、『幻の大寺』とされている寺院。真木大堂に収められた9体の仏像はその名残と伝えられ、地元の人々の厚い信仰を集めてこの地で大切に保管されてきました。いずれも国の重要文化財に指定され、藤原時代の傑作です。始めてこちらの仏像を見て、ものすごくビックリしました。その大きさというか、超ド迫力の仏像です。



宇佐神宮の荘園・「田染荘(たしぶのしょう)」へ

田染荘(たしぶのしょう)は、豊前国国東郡(現在の大分県豊後高田市)にあった宇佐神宮の荘園。田染荘の小崎地区には現在も、平安時代、鎌倉時代の集落や水田の位置がほとんど変わらずに残されています。
現在では、農作業体験や農家民泊などのアグリツーリズムにより地域を活性化する試みが始められているようです。



大分県立歴史博物館で八幡信仰と六郷満山について学ぶ

ここで宇佐八幡の文化や六郷山の文化、信仰、古代仏教文化について学び、展示を見学します。みごたえのある石仏(複製もあり)もあります。


ツアーオプションとして、大分といえば、やはり、別府温泉!!

今回は、オプションとして、ツアー終了後に別府温泉に行きます。宿泊は、オプショナルツアー参加集客状況により、宿を判断します。18日(日)は、午前中に地獄めぐりをする予定。(すべての地獄めぐりには時間の関係上、行きません)17日の夜はゆっくり温泉につかり、おいしい食事をとりましょう!オプショナルツアー参加の方は、別途、参加料がかかります。
肌につけたらいいパックになりそうな泥 血の池
 足湯も  山地獄
   
動物たちとのふれあいも。左はカピパラ。温泉につかってにんじんには全く反応ナシ!

 

このツアーの詳細について

旅倶楽部会員の方は会員サイトからログ・インしてください。このツアーはちいろば旅倶楽部会員のみ参加することができます。ツアーに興味のある方は、ちいろば旅倶楽部にご入会下さい。入会は無料です。会員の方のみ、質問にお答えしておりますのでご了承下さい。
ちいろば旅倶楽部入会ご希望の方はこちらからどうぞ    
ちいろば企画のツアーはお1人でも安心して参加できるのがポイントです。実際にお1人参加の人がほとんどです。ツアー内容は聖地巡礼だけではなく、その土地ならではの文化や伝統、食を楽しむ内容になっています。お気軽にご参加ください。お待ちしております!!